テレワークでうつになるかも?この3つに当てはまると危険です!

キャリア
スポンサーリンク

テレワークでうつになるかも?この3つに当てはまると危険です!

最近は「テレワークうつ」という言葉も使われるくらい、

ずっとテレワークはしんどいと思う方も多いのではないでしょうか?

新型ウイルスの感染拡大で、なかなか外にも出られず、会食もできないなど

ストレスを発散する場所がないとなると、本当にテレワークうつになってしまいます。

まずは、次の3つに当てはまるものがないかチェックしてみてください。

1つでも当てはまる場合は、テレワークのやり方を考え直してみたほうが良いかもしれません。

  1. 外に全く出ない日がある
  2. 運動をしていない
  3. 仕事と休む場所が同じ

外に全く出ない日がある

新型ウイルス拡大で「外出自粛だから外には出ないよ!出たらダメでしょ!」という人もいると思います。

実際外出する人が増えると、新型ウイルスが拡大してしまいます。

ただ、こちらのニュース記事にもある通り、ウイルス対策もですが、

同じくらいうつなどのメンタルケアにも努める必要があるのです。

Yahoo!ニュース
Yahoo!ニュースは、新聞・通信社が配信するニュースのほか、映像、雑誌や個人の書き手が執筆する記事など多種多様なニュースを掲載しています。

そして外に出ることの何が良いかというと、例えば以下のようなものがあります。

  1. 日光を浴びれる
  2. 自然に触れられる
  3. 運動になる

日光を浴びれる

太陽の光は大切です。

これはセロトニンやビタミンDに影響があるからです。

セロトニンは自律神経を整える働きがあり、太陽の光を浴びるだけで分泌されます。

また、太陽の光によってビタミンDも生成されるのですが、

これが不足するとうつになりやすいものです。

北欧などの日照時間が短い国では、別に意識高い人に限らず、

日常的にビタミンDのサプリを摂取されていたりします。

実際私はフィンランドに留学していたのですが、

ほぼすべての人がサプリを使っているくらいのイメージでした。

それほどビタミンDが不足すると危険なものなのです。

外には絶対出られないと思う方は、窓際にいって太陽の光を浴びる時間を意図的につくるようにする方が良いでしょう。

テレワーク疲れにはアクティブレスト!テレワークだからこそできる休憩の取り方
テレワーク疲れにはアクティブレスト!テレワークだからこそできる休憩の取り方 テレワークが始まって、何となく以前より疲れるという方は多いのではないでしょうか? テレワークでは、長時間パソコンに向かって一人で作業していることによ...

自然に触れられる

自然に触れることもまた大切です。

人間は本来自然の中で生活するものなので、それが日常からなくなることはストレスなのです。

また、自宅が都会で

「外に出ても自然なんてないよ!」

という方もいるかもしれません。

なるべく緑など自然があるところが良いのですが、ない場合でも外に出るだけで、

外の新鮮な空気が吸えます。

部屋で換気はしていても、やはり外に出るのとは違います。

また、近くに自然がないという方はデスクに観葉植物などを置いてみるのも良いかもしれません。

運動については次のところで説明しますが、部屋の中でも緑を取り入れたり、

太陽光を浴びることはできますが、できるだけ外に出て自然の空気を吸い、

太陽の光に浴びる方が気分も良くなるので、短い時間で密にならないように注意して、

少しくらいは外出してみるのも良いと思います。

運動をしていない

運動不足になると健康を害するのはよく知られることだと思います。

「太りすぎないように運動しよう」

というのももちろんなのですが、運動はメンタルにも影響します。

運動によってストレスを解消するホルモンが分泌されるため、

うつなどにも効果があるのです。

また、運動をしていないことが不眠に繋がりやすいという話もあり、

室の高い睡眠が充分に取れていないことにより、うつにつながるということもあります。

テレワークの場合、出勤している時より運動不足になりがちなので、

意識的に運動を取り入れるようにしましょう。

テレワークの運動不足は健康、生産性に悪影響!この2つさえやればOK!
テレワークの運動不足は健康、生産性に悪影響!この2つさえやればOK! テレワークになって運動不足になったと感じる人は多いのではないでしょうか? 運動不足になると、健康はもちろん生産性も下がります。 健康は言うまでもない...

仕事と休む場所が同じ

脳は場所によって何をするかを覚えています。

なので、同じ場所で仕事も休憩もするとなると、脳が混乱してしまうのです。

休憩する場所で仕事をしていると仕事の生産性が下がることがあります。

そして、それより怖いのが、仕事をしている場所での休憩で、脳がしっかり休まっていないことです。

場所がないからとベッドの上でパソコン仕事をしていると、夜寝る時に脳は

「ここは仕事する場所だな」

と思うので、なかなか寝つけなかったり、睡眠の質が悪くなったりします。

このようにしっかり休養をとれなくなることで、何となく疲れるな〜という状態が続くと、

うつになりやすくなります。

休む場所は休む、仕事する場所は仕事するというふうにきっちり分けることが大切です。

リモートワークで集中できない人はまずこの3つを試してみよう
リモートワークで集中できない人はまずこの3つを試してみよう リモートワークが増えたけど、家だと何か集中できないと感じる人は多いと思います。 リモートワークで集中できないのには原因があり、その原因を極力取り除けば集中できるよう...

コメント

タイトルとURLをコピーしました