テレワーク疲れにはアクティブレスト!テレワークだからこそできる休憩の取り方

キャリア
スポンサーリンク

テレワーク疲れにはアクティブレスト!テレワークだからこそできる休憩の取り方

テレワークが始まって、何となく以前より疲れるという方は多いのではないでしょうか?

テレワークでは、長時間パソコンに向かって一人で作業していることによって、

精神的な疲れを普段以上に感じやすくなります。

このような精神的な疲れには、アクティブレストが有効です。

アクティブレストは簡単に言うと、軽い運動などアクティブに動くことで

精神的な疲れを取るというものです。

会社に出社していたときは、こまめに休んだり、ましてや会社で運動などできなかったと思います。

ただ、在宅だとこまめに休憩をとって軽い運動するということが

やりやすくなったのではないでしょうか?

このアクティブレストを取り入れることで、テレワーク疲れが解消されるだけでなく、

生産性も上がると言われているので、ぜひ一度試してみてください。

テレワークが疲れる理由

  1. オン・オフのめりはりがなくなる
  2. 仕事する環境になっていない
  3. ひたすら作業で精神的に疲れる

オン・オフのめりはりがなくなる

仕事をする場所も、ゆっくり休む場所も同じだと、オンオフが分からなくなってしまいます。

人間は場所で何をするところかというのを覚えているものなので、普段休む場所で仕事しても

集中できなかったり、普段仕事しているところで休むと、完全に気持ちが休まらなかったりします。

本来、仕事をする場所と休む場所は分けるべきなのです。

仕事する環境になっていない

会社ではパソコン作業がやりやすいように、デスクがあると思いますが、

家に同じようなデスクがない人も多いのではないでしょうか?

デスクがないと姿勢が悪くなって肩や腰が痛くなることもあります。

会社では当たり前に思っていたかもしれませんが、デスクで作業できるのは

良い環境だったのです。

ひたすら作業で精神的に疲れる

会社にいると隣の人と話したりすることが少しくらいあったと思います。

テレワークだとそういう会話がなくなり、一人で黙々と作業する時間が増えます。

ずっと作業している中、少しくらい会話をして気晴らしができないと、

精神的にも疲れてきてしまいます。

テレワークだからこそできるアクティブレスト

アクティブレストとは

アクティブレストとは、日本語にすると積極的休養です。

睡眠などのようにゆっくりして体を休めるというより、

ウォーキング等の軽い運動などで疲れを取り除く方法です。

軽くであれば筋トレなどでも良いのですが、基本的には有酸素運動の方が効果があります。

一日中座ってパソコン作業をしていると、血行が悪くなって疲労がたまりやすくなっているので、

有酸素運動によって血行を良くして疲労を取り除きます。

テレワークの運動不足は健康、生産性に悪影響!この2つさえやればOK!
テレワークの運動不足は健康、生産性に悪影響!この2つさえやればOK! テレワークになって運動不足になったと感じる人は多いのではないでしょうか? 運動不足になると、健康はもちろん生産性も下がります。 健康は言うまでもない...

テレワークに運動を取り入れよう

会社で仕事をしていると、5分休憩で運動をしたりなどはなかなかやりづらいと思います。

ただ、テレワークであれば、誰も見ている人がいないので、5分くらい休憩をとって、

その時間軽く筋トレをしたりストレッチをしたりするのもやりやすいと思います。

マンションなどの階段がある方は、階段の上り下りなんかも良いと思います。

周りの目を気にせずにアクティブレストをとれるようになったことは、

テレワークだからこその良い点だと思います。

ぜひ、テレワーク中に定期的に運動の時間を作って、テレワーク疲れを解消していきましょう!

リモートワークで集中できない人はまずこの3つを試してみよう
リモートワークで集中できない人はまずこの3つを試してみよう リモートワークが増えたけど、家だと何か集中できないと感じる人は多いと思います。 リモートワークで集中できないのには原因があり、その原因を極力取り除けば集中できるよう...

コメント

タイトルとURLをコピーしました