【飲み会の断り方】パターンを用意して使い分ける!

キャリア
スポンサーリンク

【飲み会の断り方】パターンを用意して使い分ける!

飲み会の断り方を調べているようなあなたは、相当飲み会に行きたくない方だと思います。

確かに会社で面倒な飲み会は多いですし、立場上断れないなんてこともよくありますよね。

でももう大丈夫です。

ここにあるパターンを自分用にアレンジして、後は状況に合わせて理由を使い分ければ、

もうあなたは行きたくない飲み会に参加しなくて良いのです!

飲み会の断り方OKパターン3選

  1. 予定がある
  2. 予定が今分からない
  3. 家族

予定がある

飲み会を断る常習犯のあなたは既に実践済みですか?

これは相手に合わせて言い方は工夫しましょう。

関係が近い相手には、なるべく具体的に、関係がそこまで近くない人はふわっと、

もしくは重要な予定があるふうに伝えましょう。

関係が近い人

関係が近い相手には例えば恋人との喧嘩とかですね。

「彼氏/彼女とちょっと喧嘩気味で、また飲み会行ってるとか言うと怒られるから」

とか。

恋人がいなくても

「お世話になってた学生時代の先生/先輩が今日遠くから来てて」とか。

関係が近くない人

関係が近くない人は、深堀りして来ないタイプが相手であれば、例えば

「避けれない予定があって」などのふわっとしたパターン。

深堀りして来そうなタイプには具体的かつ突っ込みにくい予定感を出します。

「申し訳ございません、実家から親が来てまして。。」

予定が今分からない

飲み会の誘いが当日ではなく、少し先の場合はほぼこれですね。

予定がなければ参加する感じを出せるので、これほど良いパターンはありません。

後は、確認する時間を取って、先程述べた通り、相手に合わせて、

「こんな予定が入ってしまいました」と言えば、あなたは礼節ある飲み会断りマスターです。

家族

家族は大事にしましょう。

あなたは、家族の病気の看病をしっかりするし、

上京しているあなたの親は心配されているので、頻繁に会いましょう。

もちろん毎回家族が病気になっていたら怪しまれるので、

使いすぎは注意しないといけないですが、家族は深入りしにくいかつ大事な予定と認識される

最高の断り文句なのです。

飲み会の断り方NGパターン3選

  1. お金がない
  2. 体調不良
  3. 仕事関係でやらないといけないことがある

お金がない

お金がないは一見良さそうですが、おごると言われた瞬間、分が悪くなります。

その後に追加で予定があるなんて言おうものなら、嘘つき呼ばわりされてしまいます。

実際にお金がなくても別の断り方をしたほうが良いくらいこれはリスキーな断り方です。

体調不良

体調不良もたまには使えるかもしれませんが、あまり使わない方が良いでしょう。

体調不良の場合、

「さっきまで元気だったのに」とか

「あの人飲み会になったら体調不良になること多いよな〜」など

その場では「お大事に」なんて言われていても、実際色々思われていることが多いです。

また、本当に心配する人もいると思うので、そういう心やさしい人の思いを踏みにじるのは

あまり良くないかなと思います。

ただ、今日ちょっと体調微妙だなと少しでも感じた日の誘いは全力で体調不良をうったえましょう。

(元気な断り方をしないように)

仕事関係でやらないといけないことがある

これはたまに使っている人いますが、リスキーですね。

本当にその日やることがあって、遅くまで残業するつもりならいいですが。

これに対しては飲み会誘う側は色んな角度で攻めてきます。

「どうせ遅くまで飲んでるから、残業終わるまで飲むよ!ぱーっと行こうぜ!」

「仕事?いいいい!俺が今日はできない理由があったって言っとくから!」

「大丈夫?何があるの?手伝うよ!」

うまく逃げれたとしても、それで仕事していないとなると嘘になるので、

仕事を遅くまでせざるを得ません。

誰が見ているか分からないので、誘った人が去った後も要注意です。

極力これは使わない方が良いでしょう。

気をつければこれも使えるパターン

  1. とにかく理由を言わない
  2. 断るキャラ作り
  3. コロナ(2021年現在では)

とにかく理由を言わない

深堀りしてくるタイプの人にも、屈さずとにかく理由を言わないを突き通せる人はおすすめです。

一度これが通用すると、今後あまり理由を深堀りされなくなるからです。

これは断るのが非常に楽になります。

その他、あまり深堀りしてこないタイプの人には、理由を言わないのが一番平和です。

理由を言うイコールほぼ嘘なので、やはりできるだけ嘘はつかない方が良いですよね。

なので、本当は理由を言わずに断るのが一番なのですが、人によっては理由を言わないことで、

深堀り度合いがより深くなる人がいるので、嘘をつかざるを得ませんよね。

一発目で「家族と予定があって」というと、「そうか」となるのに、

「ちょっと行けません」みたいに言った後に「なんで?」と聞かれて「家族との予定」というと、

「家族と何があるんだよ?家族と多くないか?」となったりするので、

理由なしは少し注意が必要ですね。

断るキャラ作り

これは初め心苦しいですが、キャラを作り上げれば後は非常に楽になります。

とにかくみんなが参加しているようなものにも断り続けます。

そうすると、今後は「すいません、参加できないです」と一言で、済むようになります。

注意点はご想像の通り、関係性が悪くなることがあるということです。

ただ、断ることで関係性が悪くなる人と関係性を続ける必要があるのかと私は思ってしまいますが。

コロナ(2021年現在では)

期間限定サービスでコロナを過度に恐れている人になるのは、非常に良いです。

自分が怖いというのもですが、

「自分は若くて健康だけど、年配の方々にもしかしたら、

ウイルスをばらまいているかもしれないので、自分は出歩かない方が良いと思ってます」

などと言うと、「若いのにしっかりした考えだ、見習わないと」

と断ったのに逆に感心されることさえある最強の断り文句です。

注意点は、今後コロナが収束するかもしれないということです。

このキャラでいっていた人がいきなり、断るキャラになるのは少し難しくなるので、

今後のキャラ作りを含めて、コロナの恐れ具合は調整して頂けたらと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました